白い歯に交換する前に~土台の重要性~ 白い歯に交換する前に~土台の重要性~

まずは土台を治すことが重要になります まずは土台を治すことが重要になります

堅牢な建築物を建てるように 堅牢な建築物を建てるように

堅牢な建築物を建てるように

歯科治療は建築物の構築と似ている面があります。基礎工事がいいかげんな家屋は地震などで傾いてしまうように、歯も土台(顎の骨や治療で残った健康な歯)がしっかりしていなければ、高級な被せ物やインプラントを作ってもすぐに外れたり壊れたりしてしまいます。白い歯を新しく入れる前に、何よりもまず土台をしっかり整えることが重要です。

悪い所は元から治しましょう!(根管治療について) 悪い所は元から治しましょう!(根管治療について)

土台を築く根管治療 土台を築く根管治療

土台を築く根管治療

虫歯が進行して最終段階にいたると、虫歯菌が歯根に到達します。この段階になると多くの場合は抜歯が必要になりますが、抜歯を回避しつつ歯根に達した虫歯菌を除去する方法があります。それが「根管治療」と呼ばれるものです。

根管治療は、根管(神経や血管が入っている管)に入り込んだ虫歯菌をきれいに除去し、そこに薬剤を充填して、残された歯を生かしつつ土台を築く治療です。根管内の虫歯菌を徹底的に除去しなければ、再び菌が繁殖して土台を壊してしまいます。後々のトラブルを回避し、被せ物を長く維持するためには、精度の高い根管治療による土台作りが欠かせません。

ファイバーコアの優れた性能 ファイバーコアの優れた性能

ファイバーコアの優れた性能

根管治療を施した土台の上に被せ物を被せるためには、その歯の芯となるコアを装着、固定しなければなりません。当院ではガラス繊維強化樹脂でできた「ファイバーコア」というコアを使用することも可能です。

「ファイバーコア」は、光の透過が健康な歯に近いので、仕上がりが自然で審美性に優れているほか、金属アレルギーの心配がないなど体にもやさしい素材でできています。

咬む力を失わないために 咬む力を失わないために

咬む力を失わないために

根管治療により歯根が残れば、被せ物などをつけることで以前のようにしっかりと咬めるようになります。これは、咬み心地に違和感が出やすい入れ歯やブリッジに比べると大きなメリットといえます。天然の歯の土台を失わないように、重度の虫歯でもあきらめずに治療しましょう。

To Page Top

詰め物・被せ物は機能性が重要です 詰め物・被せ物は機能性が重要です

咬み合わせを左右する技工物 咬み合わせを左右する技工物

咬み合わせを左右する技工物

土台だけでなく、詰め物や被せ物の咬合面も快適な生活を送り続けるうえでたいへん重要です。咬み合わせが悪いと、頭痛、肩こり、全身のゆがみなど全身に悪影響をおよぼす可能性があるからです。

大宮駅東口の歯医者「たきざわ歯科クリニック」は、土台の構築とともに詰め物、被せ物といった技工物の機能性をたいへん重視しています。当院では、提携先の技工所と密に連絡を取り合って、患者さんの歯にぴったりと合う技工物を作ることを心がけております。詳しくはこちらをご覧ください。